売掛金回収

企業にとっては、サービスを提供したにも関わらず顧客が支払いを怠るという状況は大変なリスクとなります。「請求書をすでに出しているにも関わらず取引先が一向に代金を支払ってくれない」とか「工事は完了しているのに委託会社が支払期限になっても支払いをしない」などの悩みは事業につきものです。

このような事態を未然に防ぐためにも売掛金回収の手続きを事前に定めておくことは欠かせません。しかしながら会社としては、売掛金回収のための手段をある程度はとることができても、法的な手続きとなると忙しいし知識や経験もないという理由で滞ってしまうことがよくあります。

そこで売掛金の回収を弁護士に依頼するのです。弁護士は債務者が債務を履行しない場合の手続きに精通しているため、売掛代金を支払わない顧客にどう対応すべきかという点についても的確な助言またはサポートをすることができます。代金を支払わない顧客からしても、単に支払いを請求される場合より、弁護士がバックについている状態で督促される場合のほうが支払いの優先順位や重要性も高まります。法的手段を取られる恐れがあるからです。

実際に弁護士は代金を支払わない顧客に対して仮差押えや訴訟の提起などの手続きを滞りなくとることができますので、企業としては事業継続の観点からしてもとても心強いと言えます。